遺品整理業

故人を想い、踏ん切りがつかないお客様をサポートいたします!

遺品とは、故人様が生きてきた証とも言える大切なもの。ご家族を失い、気持ちの整理もままならない中、その証を整理するというのは、肉体的にも精神的にもご負担の大きい作業になるでしょう。

私たちは、「本当は自分で整理したいけれど…」、気持ちがついていかない、物理的に作業する時間がない、ご自身が高齢で作業が難しい、または遺品の量が膨大で何から手をつけていいかわからないなど、さまざまな事情から遺品の整理に悩まれているご遺族様のおてつだいをさせていただきます。
ご遺族様はもちろん、故人様の想いやご意向を大切にしながら、懇切丁寧に、遺品を形見分けするもの、供養・お焚き上げするもの、リサイクルするものなどに仕分けていきます。

その際に発生しました不用品は提携先の廃棄物処理会社にて適正に処分しますので、安心しておまかせください。また、リサイクル可能なものに関しましては提携企業による引き受けが可能です。封筒や段ボール、メモ書きなど、一つひとつの確認を怠りません。書類や貴重品などお探しのものがある場合もお気軽にお申し付けください。

asama
▲「遺品整理士」認定証書

作業の間は立ち会っていただくことも、弊社におまかせいただくことも可能です。どちらの場合でも、無断で何かを処分することはございません。必ずご遺族様にご確認いただくように徹底しておりますのでご安心ください。

また、すべての作業が完了した後に、故人様のお部屋を清掃いたします。故人様のお亡くなりになった状況次第では、消臭・原状回復などを含む特殊清掃も承りますので、詳しい状況をご連絡いただければと思います。

遺品を整理することで、故人様との思い出や記憶が薄れてしまうのではと心配される方もいらっしゃいますが、そんなことは決してございません。遺品整理は、ご遺族様の気持ちを整える機会でもあり、故人様の想いや生き方を強く感じることのできる機会です。ご遺族様がこれからの日々を、穏やかに過ごせるよう、スタッフ一同心を込めて作業をさせていただきます。

遺品整理業

お悩みならまずは、お電話を!

遺品の整理といってもご依頼をいただくタイミングや内容はさまざまです。
こちらではほんの一部ではございますが、よくあるご質問をご紹介いたします。
Q.遺品以外のものも引き取ってもらえるの?老人ホームに入居するので不要な家財の整理をお願いしたいのだけれど・・・。
A.はい、もちろん承っております。
弊社では、遺品に限らず、身辺整理や、さまざまな不用品などの処理もおてつだいいたします。
離婚や競売といった特殊なご事情による放置品の処分、長期入院や老人ホームへ入居するための家財整理、オフィス・店舗・倉庫などの改装や廃業に伴う不用品の処理など、お気軽にご相談ください。また、こちらから事情をお聞きすることはございませんのでご安心くださいませ。
Q.発見が遅く、匂いがひどい孤独死の現場でも、遺品整理作業をしてもらえるの?
A.もちろんお引き受けいたします。
故人様のお亡くなりになった状況によっては、消臭や消毒をさせていただいてから、遺品整理作業を行います。
Q.どんなものでも引き取ってもらえるの?
A.リサイクル法の対象品(テレビ、冷蔵庫など)や、市役所などで粗大ごみとして引き取ってもらえないバッテリー、植木鉢の土、タイヤなど、基本的にはどんなものでもお引き取りいたします。ただし、法に触れるものはお引き取りすることができませんのでご了承ください。
Q.作業当日は、やっぱり立ち会わなければならないの?
A.作業の間は、立ち合っていただくことも、弊社におまかせいただくことも可能ですが、大切な遺品の整理ですので、できるだけお立ち合いいただくことをおすすめしております。どちらの場合でも、ご遺族様に無断で何かを処分することはございません。必ずご確認いただくように徹底しておりますのでご安心ください。
Q.見積もりの金額が、作業後に変更になることはある?
A.基本的に、見積金額が変更になることはございませんのでご安心ください。ただし、作業当日にリサイクルできる家電があったり、不用品の量が多く出たりした場合は、お客様とご相談させていただいた上で、金額の変更が行われることはございます。
Q.どこまで作業にきてくれるの?
A.長野県東信地区(上田市、東御市、佐久市、小諸市、軽井沢、坂城町など)から近郊まで対応いたします。まずは、お気軽にご相談ください。
ご家族に迷惑をかけたくないなど、事前にご依頼をいただくケースなどもございます。可能な限りご要望にそえるよう尽力させていただきますので、不明点やご要望などお気軽にご相談ください。